公務員の中途採用の方法とは?

スポンサーリンク

志望動機は中途採用時のポイント

中途採用で人を雇う場合は、その人が今まで培ってきた経験や技術を評価して雇い入れることが多いようです。

 

前職がある人物であれば、その会社でどんな技術と経験を積んできたのかを、採用する企業としては強い興味を持っているものです。

 

志望動機を書く時には、自分を採用したらどんなことに貢献できるかについて書くと、強い印象を与えることが出来ます。

 

転職を成功させたいなら、自分を売り込むチャンスは逃さずに的確にアピールすることが大事です。

 

志望動機に記述されている貢献できる項目が理に適っていれば、会社の即戦力として期待することが可能です。

 

その会社が行っている仕事内容などをきちんと把握したうえで志望動機を書いているのであれば、さらに評価が高まります。

 

どうして前の会社を退職することにしたのかは、中途採用者に対しては定番の質問です。

 

以前の職場を悪く言うようなことは、面接での評価を下げてしまうばかりですから、どういう表現をするかは重要になります。

 

次の就職先に向けてのスキルアップといった前向きな理由であることが理想的な内容です。

 

仕事をやめた理由は、次の仕事につきたい理由に繋がっていることがありますので、面接では話題になりやすい事柄です。

 

退職した理由がスキルアップがしたいからだとすると、志望動機の一つにはそのスキルアップに関することが書かれていなければなりません。

 

退職理由すべてを志望動機に関連付ける必要はありませんが、志望動機を考える際には考慮すべき大切な点になります。

スポンサーリンク

公務員の中途採用の方法について

公務員の採用枠は毎年ごくわずかですから、公務員になりたくてもなれずに諦めたという人は、かなり大勢いるようです。

 

たくさんの人が公務員になる夢を諦めて、別な会社で働いているのではないでしょうか?

 

けれども、やっぱり公務員になりたいと考えているような人は、再度、公務員試験を受けなければなりません。

 

公務員は新卒の人だけを対象にしたものではなく、中途採用を前提とした採用試験も行われています。

 

中途採用枠の公務員試験を受け、合格することで、公務員としてスタートを切ることができるわけです。

 

現在では、新卒採用だけではなく、民家企業の経験者を中途採用している自治体も年々増加しています。

 

団体職員は准公務員扱いですが、そういった国公立大学の職員や、公共団体の職員の中途採用も盛んに行われています。

 

公務員になりたい場合は、中途採用枠でても、もう一度トライしてはどうでしょう。

 

業務内容の見直しや、人件費の節約のために、中途採用者の経験や実績を求める自治体や公共団体は増えていますので、これからもチャンスは大いにあります。

 

また公務員の職場は一般企業に比べて福利厚生がしっかりしており、女性が活躍しやすい職場環境があります。

 

女性の場合、これから結婚や子育てを希望しているなら、民間企業から公務員に転職しておいたほうが有利な面もあります。

 

多くの場合、中途採用には年齢制限が定められているので、公務員試験に挑戦する時には、しっかりとした情報収集が必要になります。

スポンサーリンク

中途採用をする時の面接の重要性

企業が中途採用者を選考する場合には、面接試験によって応募した人材を評価することを重要視しています。

 

学校を卒業したばかりの新卒者を採用する場合には、社会人としての経験や仕事の実務経験が問われることはありません。

 

新卒者を採用する時には、面接で確認する事柄は能力や実績ではなく、どのような人となりをしているかが大事です。

 

一方、中途採用で人を雇いたいという時は、キャラクター性よりも、資格や技術、実務経験などを重視した上で、即戦力になりうるかを判断します。

 

転職活動での中途採用の面接は採用する会社にとって、人材採用時のとても大事な評価段階といえます。

 

転職を志す場合、中途採用での面接は、新卒時の面接し全く事情が違うものであるということを、把握しておくべきです。

 

自分自身の性格や今までの仕事の経験などを細かく整理して、自分自身を客観的に捉えておくようにしましょう。

 

就職希望をしている会社へのアピールをする時には、自分の能力や経験がどれだけ会社に貢献できるかを伝えなければなりません。

 

大抵の企業は、応募者を一次選考にかけてある程度振り落としますので、面接はその次のステップということになります。

 

面接の段階まで来れたからには、一層自己PRに力を入れて、自分という人材を企業に対して上手に売り込んでいくことがポイントです。

 

面接の場はあまり受け身になり過ぎず、自分から採用担当者や会社をチェックする位の意気込みで臨むとリラックスできるでしょう。

 

面接の場で慌てないように、質問の答えを用意したり、シミュレーションをするなどしておくことが肝心です。

採用されやすい人材はセミナーに積極的な人

人材募集をしている会社にとって、採用する人と採用しない人には、どのような違いがあるのでしょうか?

 

仕事を探す人と、人材を探している企業とが、一堂に会して情報をやり取りする場所として就職セミナーがあります。

 

就職セミナーには数え切れないほどの学生が参加しますが、一人一人の行動を見ていると違いがあります。

 

セミナーに参加している会社のブースには自由に出入りできるようになっているのに、行動が消極的になっている学生がいます。

 

気になっている企業ブースはあるけれど、行っても意味がないのではないかと、消極的な理由を感じている学生もいます。

 

働く意欲があり、行動力がある学生はどちらかといえば、企業はブースに足を運ぶ学生を評価します。

 

社員として採用するなら、仕事に対してやる気のある人が良いでしょうし、行動力のある人の方が期待できます。

 

担当者の言葉に耳を傾け、話はできるだけ近くで聞こうとする学生のほうが、意欲が高く見えるものでしょう。

 

やる気に欠ける学生は、資料ばかり見て後ろのほうに座っており、いかにも意欲が低そうに見えます。

 

採用担当者も多くの希望者の中から選考するので、消極的は学生はどうしても選考対象からはずれてしまいます。

 

多人数の学生が集まる就職セミナーでは、集団の中から熱心さが飛び抜けているような人を意図的に探す会社もあります。

 

就職セミナーで、自分の価値を評価してもらうためには、多人数の学生の中で没個性になってしまわないように気をつけましょう。